初級
チャプター 11つ · 7時間 46分
日本語 · 英語 · 韓国語|オーディオ 韓国語

鉛筆を使う
このクラスでは 9点の作品を作ります。

作品1点につき制作にかかる時間の目安は10 分から1時間です。

  • 人体骨格構造デッサン

  • 顔の向きに合わせた目、鼻、口の描き方

  • 体のすべての筋肉の描き方

  • 色んなポーズの人体デッサン

  • 手を描く

  • 足を描く

  • 輪郭描画

  • 流れに沿って描く

  • 省略の面白さ

こんなことを学びます

鉛筆の特徴

B、F、H鉛筆の違いとブランド別の購入方法

人体の構造と動きについて

人の方向と動きを捉えて描く方法

顔、目、鼻、口の位置を捉える

正面、斜め顔、横顔の目、鼻、口の位置と大きさを決める方法

顔の骨と筋肉

知っておくと役に立つ顔の骨や筋肉について

知っておくと役に立つ顔の骨や筋肉について

知っておくと役に立つ体の骨と筋肉について

腕の骨と筋肉

骨格に影響する腕の骨と筋肉について

脚の骨と筋肉

骨格に影響する脚の骨と筋肉について

全身を描く

人体の流れや骨の構造、筋肉について学んだことをもとに全身を描く

手と足の構造

構造を捉えやすいように手と足の形を整える

手足の骨と筋肉

骨格に影響する手足の骨と筋肉について

手と足の描き方

手足の骨の構造や筋肉について学んだことをもとに手足を描く

省略の面白さ

人体のパーツの描き方と上手に表現する方法

流れに沿って描く

動きを捉えて描く方法

輪郭描画

自信をもって人体デッサンの流れを捉えるには

1本の線で描く

街中で会った人をサクッと描くコツ

人体と人

ソウン(パク・ギョンソン)です。このクラスは、人体デッサンに気軽に挑戦できるクラスです!

人というのはとても興味深いです。私が興味持っている’人’にも感情があります。

人を描くというのは、自分の心を描いたり人々の心を描くということだと思っています。

思い返せば、自然な人の動きを描けるようになるにはとても時間がかかりました。資料はたくさんあるものの人体デッサンに関して教えてくれるところはありませんでした。

なのでこのクラスでは、私が長い間研究してきた人体についてお伝えしようと思います。


構造の理解

人体を把握する上で最も重要なのは、人体の骨格の構造を把握することです。

特に、構造を把握する順序と方法が重要なポイントになります。

そこで、このクラスは簡単に構造を把握する方法と、何から描けば自然な人体の動きを描けるのか、私が教えることのできる全てのコツをご紹介します。


顔の理解



体系的に学べる

人体ドローイングクラス

私自身、人体を自然に描けるようになるまで、とてもたくさんの時間がかかりました。人体について学べる場所がなかったのです。


このクラスでは、私が長い間悩みながら習得してきた、人体ドローイングのノウハウを詰め込みたいと思っています。

顔を理解する

人体を描く時、顔を細かく描くことはありませんが、顔の向きや目、鼻、口を正しい位置に描くことが大事です。

よって顔の基本構造を理解していれば、顔も不自然にならないように描くことができます。

このクラスでは、私が勉強してきた様々な資料を用いながら、昔の自分に教えてあげたかったような本当に上達するコツをお伝えします。


胴体の理解

胴体は服に隠れていますが、運動選手やヌードクロッキー、水着姿などを描く時に必要なスキルです。

胴体の筋肉はそれほど難しくありません。私と一緒に学んでみましょう!

腕と足の構造を理解する


人体の大きな構造を覚えたら、そこに筋肉を付け足してみましょう。人の体には多くの筋肉がありますが、その中でも人の骨格に大きな影響を与える、必要な筋肉だけを集中的に学びます。


手と足の構造を理解する


手と足は小さいパーツと思われがちですが、絵の完成度を高める上で重要な部分です。手と足を描くのを省略するとしても構造が分かっているのと分かっていないのでは全く絵が変わってきます。このクラスでは様々な角度から手と足を描くことで、簡単に構造を把握するコツをご紹介します。


雰囲気のあるイラスト

最後に、今まで学んだ内容を使って様々な雰囲気の人体デッサンを描いてみましょう!

また、自分ならではのイラストを描くために意識すべきポイントもお教えします。



イラストの中で最も難しいとされている人体ドローイング。私の知識を学べば、意外と難しくないと気づくはずです。

私と一緒に人体ドローイングを学びましょう!

カリキュラム

クリエイター紹介

ソウン(Soeun)

ソウン(Soeun)

初めまして。ソウン / パク・ギョンソンです。


私は大学と大学院で”絵画”を専攻し、現在は博士課程です。

作家を本業としおり、人を題材とした”癒し”について研究・制作をしています。


[アートアジア展示で館長さんと一緒に。2018年個人展]


[ガーナコンテンポラリー展示の様子。 2011年]

[香港 Artbeatusギャラリー最初の個人展の様子。2013年]

[スタンフォード大学 1001 story 展示の様子。 2015年]

[香港新聞社とのインタビュー 2016 個展]


私は、”癒し”について、そして皆さんの心の中で生きている”子ども”について興味があり、自然な流れで、”人”に対して関心を持つようになり、”人”について研究をしてきました。


人を描くということは、その人の心を描くことと同じだと思います。

そして、そこにはその人の人生も込められています。

私は芸術が人生を表現できて、人生を慰め、そして人生を繋げる原動力の一つだと思います。

人の身振りと眼差しから伝わる痛みと悲しみと幸せによって、癒され癒しながら生きていきたいです。

artistsoeun

artistsoeun

このクラスに似ているおすすめクラス

カスタマーセンター[受付時間] 平日10:00~17:00
CLASS101JAPAN株式会社
japan@101.inc