初級
チャプター 7つ · 4時間 56分
日本語 · 英語 · 韓国語|オーディオ 韓国語

マカと色鉛筆を使う
このクラスでは 6点の作品を作ります。

作品1点につき制作にかかる時間の目安はおよそ 50 分 です。

  • 好きなキャラクターを描こう

  • 鏡をのぞいて自分の表情を描く

  • スピーチバブルを使って描く

  • フォトブックからオブジェクトを描く

  • 手書きと絵で 1 つの「作品」を作成

  • テキストと画像で自分のストーリーを解き明かそう

こんなことを学びます

好きなキャラクターを描いたり、表情を表現したりできます

自分の表情をよく見て、描いた経験や好きなキャラクターを描いていきます。

会話中に吹き出しを埋めてみる

日常で気持ちよく話す口語で吹き出しを埋めましょう。

好きな言葉を書き起こして絵に組み込む

好きな言葉を書き起こして、それに合う絵を描きます。

内なるストーリーに耳を傾ける絵を完成させよう

内面の話を聞けば聞くほど、その絵はより心地よくなります。

文章を書いたり絵を描いたりするミン・ギョンヒです

こんにちは!文章を書いたり絵を描いたりするミン・ギョンヒです。多くの人が最初に絵を描き始めるとき、いつも「台無しだ」と言います。しかし、一人一人が自分の絵を持っているだけで、絵が台無しになるようなものはないと思います。このクラスの目標は、うまく描くことではなく、 '内なるストーリーを聞きながら描くあたたかい時間」持っていることです.それでは、この美しい旅に一緒に行きましょうか?


心に耳を傾け、自分の声に近づく時間

このクラスを通じて、周囲を注意深く観察し、段階的に描き、内なるストーリーを描き出し、それを溶かして絵にする体験ができます。 日常のきらびやかな瞬間を写真で繊細に記録して、自分の心に集中する時間持って行きます。


過ぎ去る瞬間を記録することの美しさ

普通だからといって、いつも見落としがちではないことが多いです。実際、私たちの人生のあらゆる瞬間は、その素晴らしさに満ちています。私たち きらめく瞬間を写真でとらえる時間持っていく予定です。この授業を通して、人生の一瞬一瞬がどれほど美しいかを学びたいです。


日常生活で見つけたありふれたものから始める

まずは、身の回りのものを見ていきましょう。自分の表情、愛するペット、日常の風景などから始めて、いつもそばにいてくれて、 慣れていてよく見ることができなかった小さくて美しいものを観察し、描く練習をしてくださいやってみるつもりです。


私の絵にはバリエーションが必要です

いつも同じ絵を描いていますか?今度は、一緒に新しい絵を試してみようと思います。まっすぐに散らかった机を散らかしてみたり、普段使っていない色を使ってみませんか?いつもと違って、出来上がった絵は少し曲がっていて馴染みがありません。でも 写真には正解はありません。 これらの楽しい実験と実験をして、あなた自身の新しい絵を発見してください。


心を紙に書き留める力

白紙に自分のストーリーを伝えるのは些細なことのように思えるかもしれませんが、 内なる自分と話すことの大きな力経験上、そうなると思います。あと、これは自分のストーリーだけじゃなくて、他の人に共感できるし、自分の記録も続けられると思う。この講座を聞いている皆さん あなたも私と一緒に ストーリーを作りたいです。


思いと心を分かち合って完成した絵

この授業はコミュニケーションが中心なので、学生が積極的に地域活動に取り組むことが重要だと思います。個々の作品を描くだけではない いろんなアイデアや方法、表現と触れ合うことで、考えの幅を広げ、深める場所になればいいなと思っています。 そのため、活発なコミュニケーションがうまく行われることを期待しています。私も積極的に参加します!


完璧である必要はありません。素材を楽しく使う方法

また、素材を使って自分のストーリーテリングで絵を描く方法も学びます。マカ、色鉛筆、簡単な筆記具を使って楽しく描けるように、色々な着色方法や質感表現を紹介します。線からはみ出したり、ずさんだったりすることがあります。 完璧ではない楽しい方法で絵を描きます。


私がクラスのアンケートを受けたとき、誰かがこのようなコメントを残しました。」「上手に描く」よりも「絵を描く」ことに興味を持ってもらいたい」 私もこの発言にはとても共感しました。私のクラスでは、技術的な方法で「うまく」描くのではなく 描画プロセスを楽しむ時間なることを願っています。:)

カリキュラム

クリエイター紹介

page_737

page_737

ミン・ギョンヒは絵を書いたり描いたりします。彼が作るものは日常に近いものです。秋に手に入るマフラーや、寒いときに探して飲むゆず茶と同じくらい自然です。角張った線がなく、落ち着いた色味の写真ですが、心が感動します。彼は私たち全員を通り抜けた瞬間を描いています。特別なことが何もない人生でも、キラキラ光るものがある。これがミン・ギョンヒの作品に見られる真実です。-INDIEPOSTがインタビュー中


こんにちは、絵を書いたり描いたりしているミン・ギョンヒです、page_737。私は2冊の本を出版し、いくつかの個展やグループ展を開催しました。私は様々な画材を混ぜ合わせることが好きで、その中にストーリーを伝えるようにしています。あなたが描く絵にはあなた自身の物語が含まれているといいですね。



2017.6 <ニュースじゃなかったある夜> エッセイ出版/セルフポートレート 2018.5 <今見せる時間> 個展/王心里アナザー・バウンダリー 2018.9 光州ビエンナーレ記念グループ展/楊林洞アートポリゴン 2018.11 <思考の空間> 特別展/西村フィンランドプロジェクト 2019.9 6 <サステナブルストーリー> 個展/延南ギャラリー 2019.10 SKソーシャルバリューハングルイラストキャンペーン参加 2019.11 <みんなのようになりたい > エッセイ出版/ウィズダムハウス 2020.2 <トーマスの部屋 _inBrooklyn> 個展/漢南洞ウィークリーキャビネット 2020.8 <プレシャスシングス> 個展/ロッテアートギャラリー一山 2020.10 <今日は日記を書いています> グループ展/ソウル市立美術館 SEMAウェアハウス 2020.12 < つづける瞬間 > グループ展/レイクサイド・アートギャラリー

このクラスに似ているおすすめクラス

カスタマーセンター[受付時間] 平日10:00~17:00
CLASS101JAPAN株式会社
japan@101.inc