入門
チャプター 9つ · 6時間 8分
日本語 · 英語 · 韓国語|オーディオ 韓国語

ペンとマカを使う
このクラスでは 6点の作品を作ります。

作品1点につき制作にかかる時間の目安は30 分から 60 分です。

  • シンプルなラインの建物

  • カラーマカを使ったカードデザイン

  • ヨーロッパの赤い屋根の町ポストカード

  • ペンとマカを使った旅行小道具のイラスト

  • 雰囲気のあるカフェ絵葉書

  • 旅の感性が詰まったミニポスター

こんなことを学びます

魅力的な線画のための線画演習

面倒なラインエクササイズの代わりに、ポイントだけを!基本的なペン画を学ぼう

さまざまな小道具を観察して簡単に描くことができます

さまざまなオブジェクトの描画を簡単にする方法を紹介します。

見た目が難しい建物をペンで簡単に描く方法

シンプルな線を引くと、線画の魅力がわくわくします。

まだ気まずいマカについてもう少し知ろう

マカを使って簡単かつ迅速に手を引く方法を学びましょう

温かみのある絵のカラーマッチングのコツ

簡単な配色について勉強して、それを絵に使う方法を紹介します。

旅行絵はがきの描き順と作り方

誰が見ても美しいはがきをレイアウトする方法を学びましょう

旅行の絵にぴったりの手書きを書いて飾りましょう

街の名前を書いたり、日記に使えるように手書きにデコレーションしたりしましょう


こんにちは、

旅を夢見ながら、日常生活の感性を描くのがオンチョラムです。

デザイナーとして働き、趣味で手書きを書く中で、ヨーロッパへの偶然の旅行で絵を描くことに夢中になり、イラストレーターになりました。私は主に何かをします 単に 表現して絵を描いています。細かい絵よりも、シンプルな線やポイントカラーを使って、物体を見たときにすぐにイメージや感性を感じられるようにするのが好きです。

旅行するのに最もエキサイティングな時期はいつですか?旅行の準備をしましょう!

ヨーロッパへの偶然の旅行で、ただ写真を撮るのではなく、思い出に残る風景や街並みの写真を残したことで、その街と旅はさらに特別なものになりました。だからいつもの絵でも トラベル・ドローイングの感性を加えるようにしています。すると、写真でそれが判明しました 旅のスリルそのまま入れていると思います。


日常に戻って旅行先を描いたとき、旅行画 旅行の準備 同じでした。遠く離れた慣れない旅行先でランドマークを探したり、インターネットで写真を検索したり、自分が立つ場所を想像しながら絵を描いたりする過程は、まるで旅の準備をしているかのようでした。まるで旅行に行かなくても旅行に行くかのように、旅行の準備をしているような気がします。


まるで一緒に旅行を計画しているかのように、荷造りのワクワク感に包まれて絵を描きました。

シンプルながら完成度の高いペン描画

学生の作品


どんな絵を描こうかワクワクするなら、本格的に描き始めるといいでしょう。私が最初にするのはスケッチです。そのまま絵を描くのではなく、印象的な点やイメージに注目しています 再編集するだけ私がやります。モノを見る瞬間的な感性をシンプルな線で表現しています。次に、ペンを使って線を引きます。 実現した私がやります。ペンで描いた絵は、それだけで色を付ける必要はありません。 完全との絵になります。他のどのツールよりも便利でポータブルです!シンプルながら完全な絵を描くために心がけておくべきことを教えます。

頭の中でアイデアを簡単かつ迅速に表現できます。

マカは初心者でも簡単に扱える塗り絵ツールです。だから、自分で絵を描きたい人にもおすすめです。また、マカはアイデアを浮かび上がらせる最も簡単で早い方法でもあります。想像する目的地の風景を素早く簡単にマカで描きましょう。


マカを着色する際、一番大切なのは色を組み合わせることです。ソーシャルメディアやオフラインの授業でよく聞かれる質問は、配色に関するものでもあります。色を組み合わせるにはたくさんの好みがありますが、それらはお互いです マッチングカラー間違いなく1つあります。マカの扱い方から調和のとれた色の使い方まで全部お見せします!

絵を描く技能を素早く落とす方法は、たくさんめちゃくちゃにすることです。

学生の作品


この授業でマカを使う理由は 早く早く破滅させるためにそれでおしまい。素早く、早くダメになったり、早く描き直したりすると、描画スキルが大幅に向上します。完璧な絵を描こうと決心しているなら、一から絵を描くのは大変な負担になります。代わりに、私たちは 台無しになる可能性があります考えてみよう。このクラスの目標は、気軽に絵を描いて、修正したい部分を見つけて、次回はもっと高度な絵を描くことです!


私とのこのクラスは、旅行の準備と同じくらいエキサイティングです。


一緒に絵を描く旅の準備をしましょう。


カリキュラム

クリエイター紹介

onchoram

onchoram

旅を夢見て、日常生活の感性を引き出すのがオンチョラムです。

私はデザイナーとして働いていて、趣味で手書きを書いていて、ヨーロッパへの偶然の旅行で絵を描くことに夢中になり、イラストレーターになりました。有名な観光地で認定写真を撮るのではなく、都会に少し長く滞在して、路地やヴィンテージショップの隅々まで探索するのが好きです。自分の特別な思い出をゆっくりと、しかし着実に自分の手で残すのは小さな幸せだと思います。

みんなが憧れる旅の絵を描いて、一緒に絵を描いたり旅行したりするお手伝いをします!

このクラスに似ているおすすめクラス

カスタマーセンター[受付時間] 平日10:00~17:00
CLASS101JAPAN株式会社
japan@101.inc