初級
チャプター 10つ · 6時間 43分
日本語 · 英語 · 韓国語|オーディオ 韓国語

デジタル一眼レフ、iPhone/ライトルーム、フォトショップを使う
このクラスでは 7点の作品を作ります。

作品1点につき制作にかかる時間の目安は約 30 分から 1 時間です。

  • 季節や気温を感じられる写真

  • 被写体を強調する写真

  • フィルム感が際立つ写真

  • 光と影のコントラストが強い写真

  • キラキラ光る写真

  • インスタグラムパノラマ投稿

  • 写真グッズ

こんなことを学びます

知っておくべきカメラ機能を学ぼう

デジタルカメラの便利な機能を学びましょう。

知っておきたいiPhoneの機能を学ぼう

iPhoneの便利な機能について学びましょう。

魅力的な作文を学ぼう

風景、ポートレート、静物画など、状況に応じて適用できる構図について学びます。

写真に楽しい要素を追加

フレーミング、光と影、そして好きな話題について話します。

新しいフレーミングテクニックを学ぼう

トリミング、トリミング、スキップ、ハイライト、削除など、写真に新しい編集を加えます。

特殊な温度で画像を作成

Lightroom の基本的な使い方を学び、特殊な温度で写真を作成する方法を学びましょう。

自分の写真で流暢なコンテンツを作成

Photoshopでパノラマ投稿を作成して、フローのあるコンテンツを作成しましょう。

自分の写真でポストカードやポスターを作成

Photoshop で自分の写真を編集して、はがきやポスターなどを作成できます。

💙 ウェルカムレクチャーを全て開講しました!💙

▶ フォトグラファーのチョン・メルメルによる私の世界観の編集 _ プロモーションビデオ



こんにちは、チョン・メルメルです


こんにちは、私はソウルで写真家として働いて画像を作成しています チョン・メルメルそれは。 現在、スタジオテクスチャオンテクスチャーのメンバーとして、国内外のさまざまなクライアントと仕事をしています。



シャッターをこまめに押すと

私の好きなことは、普通の瞬間を逃さないことです 毎日の撮影それは。 このクラスでは、101のオンライン授業、日常生活、 旅先で出会う特別なシーンをキャプチャーして編集する楽しさについてお話します。



少しずつ、周囲から

最初から巨大なものの写真を撮る必要はありません。携帯電話やデジタル一眼レフカメラをポケットに片手で持って行き、体力を奪い、自分や周囲の状況から記録します。航空券に多額のお金を払う必要も、時間をかけてどこかに行く必要もありません 目を引くシーンあります。



光と構図の物語

光と闇を理解し、物体と影が作り出すドラマチックなシーンをたどってください。光が豊富な日に 良いカメラすら必要ありません。


同じ人物、物体、シーンであっても、どこかもう少し 特別に見える構図一緒に探しましょう。



どんどん遠くを見る

時々、非常に近いものを見たり、非常に遠くに戻ったりします。普段は見えないものが見えるかもしれません。


すでに撮影した写真でも、近くで見たり遠くを見たりできます。フォトショップの クロップ機能新しい写真を撮るような機能もあります。


どの部分を切り取るか、どの部分を切り取るか アンダースコア作業内容によっては、1枚の写真がまったく異なる複数の写真になることがあります。



写真への温度の追加

写真は正直なものでなければなりませんか、それとも明確な意図があるものでなければなりませんか?そうではありません。何かを省略したり、意図的に歪ませたりするのも写真撮影の醍醐味です。水は青くなくてもよく、草も金色である必要はありません。少なくとも写真では。


写真を撮った時に届いたもの 色とトーンで感情を伝える試してみてください。カメラは思っているほどすべてを忠実に動かすわけではない。バッチで適用されるフィルターを使用すると便利ですが、お勧めしません。最初の章でも、あちこちの値を少しずつ調整してみてください 自分だけのトーン作ってみてください。


旅先で出会う特別な瞬間は、いつまでも記憶に残ります。たとえば、夕日の美しさ、点のように小さな風景の中に入る人々、冬の初めの空気と匂いの粒子...どうやら、機械はその瞬間のインスピレーションや印象を表現することすらできないようです。しかし、取られた「私」だけを覚えていれば、それを完全に再処理することは可能です。



積み上げた写真はどうなるのか

  • インスタグラムフィード


  • ポスター


  • レンチキュラーポストカード

自分の視点で記録された画像を集めて、一連の流れで投稿を組み立てる方法や、人の目を引く結果を作る方法を共有したいと思います。自分の意図、戦略、そして何よりも楽しさを込めた写真は、自分の忠実な記録となり、さらに 他の人に触れることができる何かそうなるでしょう。

カリキュラム

クリエイター紹介

melmel chung

melmel chung

こんにちは、写真家のユング・メルメルです。ソウルで同僚と写真を撮っています。主に空間や人物を撮影していますが、時には静物を撮影することもあります。国籍も性別もオリエンテーションも曖昧なので、覚えやすい名前にしたいので、いつも呼んでいるニックネームを活動名にしています。旅行と写真撮影は私の昔からの趣味でした。以前はウェブデザイナーとして働いていて、ブログやソーシャルメディアで毎日過ごした一日、一緒に過ごした一ヶ月、時には旅行で過ごした特別な一週間を記録していました。来場者が増えるにつれ、「写真を撮る行為」が少しずつ仕事に変わっていったのは幸運でした。


さまざまなクライアントと画像を作成することは難しく、やりがいがあることは明らかです。アモーレパシフィック、SM、COS、イソップ、タダ、ヒュンダイカード、WeWork、アーバンライクマガジン、ポストソウルマガジンなど、規模や方向性の異なるブランドやメディアと仕事をしています。


クライアントプロジェクトのほか、素材別にアイテムを集めて販売するテクスチャショップも運営しています。この2つのアクティビティを組み合わせて展示会やポップアップを開催することもあります。



しかし、私の好きなことは、誰も要求も要求もせずに、好きなだけ写真を撮ることです。自己紹介をしたとき、「自然で美しく、時には意味のないものが入っていて、それを何度も撮りたい」と言いました。私はよく文章を書きます。これらは私がずっと撮りたかった3つの現象と被写体です。私の最初の本 <レ・トゥール:シチリア> には、私が一番楽しく撮った写真が含まれています。私は小さなカメラを手に取り、見知らぬ街のあちこちで愛する友人の写真を撮りました。


カメラを持ち上げる。最初はちょっとした趣味でしたが、写真の数が増えるにつれ、足のない人とたくさん出会うようになりました。「好きな作品」には実は大きな力がありました。徐々に、自分の習慣、仕事、そしておそらく私の人生を記録した写真を撮って広める喜びを分かち合いたいと思い、クラス101のレッスンの準備をすることにしました。

meltingframe

meltingframe

このクラスに似ているおすすめクラス

カスタマーセンター[受付時間] 平日10:00~17:00
CLASS101JAPAN株式会社
japan@101.inc