初級
チャプター 9つ · 8時間 3分
日本語 · 英語 · 韓国語|オーディオ 韓国語

こんなことを学びます

より多様なプロダクションに必要な基本的なカメラスキル

一度理解すれば、より多様なシーンをキャプチャできるカメラの基本理論を学びます。

自然・風景写真専門カリキュラム

日常を自然と特別な方法で記録するソルガムの森のユニークなストーリーを共有します。

自分の視点をとらえる方法

基本的な構図にとどまらず、風景写真にも応用できる写真のノウハウを学びます。

自分の感覚を表現する修正方法

LightroomとPhotoshopで写真をレタッチして自分の感情を表現する方法を学びましょう。

スマートフォンでの撮影と補正方法

スマートフォンで参加する方には、スマートフォンでの撮影方法やレタッチ方法も教えます。

写真に基づいてブランドを作成

ソルガムの森計画プロセスを通じて、小規模ブランドのブランディング方法論について説明します。

自分の写真を使って商品を作成

製品の製造に必要な基本的な知識、基本的なツール、および製造プロセス全体を学びます。

タンブルバックを使った商品の販売

クラウドファンディングを通じて商品を販売するプロセスとノウハウを共有しています。

自然を捉えた写真から製品制作やブランディングまで

さまざまな方法で写真撮影体験を広げましょう。


こんにちは、 都会人のためのナチュラルキュレーションブランド、ソルガム・フォレスト走っているキム・ジョンヒです。私はコンテンツプランナーとマーケティング担当者として働いていますが、サイドプロジェクトとしてBrand Sue Forestの開発も行っています。現在のソルガムの森とは 「日常の中の自然」をテーマに写真とビデオいわゆる「無形コンテンツ」の作品ですが、 製品というコンテンツ作品の一種で、 いろんな人の写真を紹介する雑誌、私たちはこの3つの主要分野で活動しています。



このクラスでは テーマは身の回りの自然自分の視点をとらえるのが基本 撮影方法そして写真が私の気持ちを伝えてくれます キャリブレーション方法究極の目標は、単に撮影理論や修正ツールの使い方を覚えることではなく、それを理解して自分の目や感覚を表現するために応用できるようにすることです。


また、 自分の写真を使って商品を作成やれ スモールブランドを作るプロセスプランナー兼マーケティング担当者としての経験から、私自身のストーリーをお伝えします。


こんな人におススメです!

  • 自分で撮った写真で商品を作ってみたい方
  • 写真コンテンツを広げて自分のブランドを作りたい方
  • 写真をレタッチして感動を与える方法を学びたい方
  • 自然写真を通して日常を特別な視点で記録したい方


本気で始める前に

どんなカメラを使って撮影する場合でも、カメラを理解しておくと役に立ちます。


ISO、シャッタースピード、絞り、ホワイトバランスなどがわからなくても撮影でき、スマートフォンでも素晴らしい写真が撮れます。でも知っていれば、どんな機材を使っていても、撮影時の演出方法やアイデアはもっと多種多様に想像できます。



たとえば、スマートフォンで撮影する場合、スマートフォンには絞り調整機能がないので、知る必要はないと思うかもしれません。しかし、絞りを理解すれば、他の機能や方法を使ってアウトフォーカスを表現できるようなものです。


もちろん、カメラ理論のすべてをマスターする必要はありません。 写真を撮るときに知っておくと役に立つと思うところまで必要な部分をまとめることで、基本的なカメラ技能を身に付けるお知らせします。



このクラスでは、スマートフォンで撮影やレタッチにたっぷり参加できます。ただし、製品制作を計画している授業に出席する方や、この機会にカメラの操作方法を学び、独自の撮影スタイルを確立することを目的としている方には、カメラの使用をお勧めします。まずは、スマートフォンや自分のカメラを持って参加し、授業を聞いて、カメラについて理解を深め、必要に応じて希望の機種を購入するのがいいと思います。



まず、それをどう見るか?

まず、目から始めます。


日常の空間でも、旅先でも、
私たちの身の回りに存在する自然は、いつでもどこでも、
それを自分の視点でカメラに収めます。


自然は、いつでもどこでも私たちの周りに常に存在する背景であり主題であり、そのため私たちがどのように見ているかに応じて同じように感じられる空間が、最も個人的で特別なものになります。今日の空、街路樹、川沿いの波や雲、吹きさらしの草や花を撮影する方法を考えて、カメラに収めましょう。 私自身の視点は、今ここを改めて見ようとする試みから始まります。



自然写真には、光を使ったシルエットや動きを表現する残像など、多くの人が特に好む素材があり、それらのシーンをよりよく捉えるための撮影のヒントも共有します。



基本的な理論から構図を含む撮影方法まで進み、自分のショットを撮影して実験することで学んだことに焦点を当てます。この内容を踏まえて、自然写真に応用できる独自のアイデアを追加していただければと思います。



次に、どう感じましたか?

自分が感じた感情を絵に吹き込むようにしています。


写真撮影で自分の視点をとらえたら 修正とは、現場を見たときに受けた気持ちを表現し、伝えたい気持ちを強調するステップです。それは。



雰囲気を活かした自然な修正だけでなく、オリジナルとは全く違う抜本的な修正をして、より感情を捉えることも可能です。切り抜いたり回転させたりして新しいシーンを作成したり、台無しになったと思っていた写真をレタッチして復活させたりできます。



ライトルームとフォトショップでレタッチする方法君に知らせるつもりだ。代わりに、このクラスでは 目標はツールを1つずつ覚えることではなく、自分で修正を行う際に、それぞれの機能の使い方を理解してもらうことです。でやります。正解はただの数字が悪いので正解は出せませんし、いろいろな組み合わせを試してみると自分なりの感覚があります。



第三に、小規模ブランドに求められるブランディングとは?

自分のブランドで展開しています。


写真を個人的な記録として使うだけでなく、コンテンツの価値を一緒に感じられるようなものにしたいと思いました。 「ソルガムの森」というブランドを立ち上げ、商品の幅を広げるきっかけになりました。


ソルガムの森を作る過程に焦点を当てる ブランディングの方法論について話している。小規模ブランドや単身ブランドだけでなく、フォトグラファーやフォトアカウントとしてのパーソナルブランディング、サイドプロジェクトの基礎づくりにも応用できます。



最後に、タンブルバックの 1000% 以上を達成する秘訣は?

私は商品を作ったり販売したりするデザイナーでも写真家でもありませんが、できます。


写真とデザインは私の主な仕事ではありませんが、だからこそ私はあなたのニーズを誰よりもよく理解しています。


製品を作る中で「事前に知っておきたい」ことから始めて、 プランナーとマーケティング担当者の視点から商品を計画し、販売チャネルを整理する方法に関する経験とノウハウを共有します.



このクラス はがきに焦点を当てていますが、目的ははがきを1枚だけたどって作成することではありません。はがきを例に 商品企画から、製造時に考慮すべきこと、生産プロセス全体はどのように流れていますか?一緒に理解したいです。


このコースを学んだ後、最終的にさまざまな製品を自分で作成できるようにコンテンツを整理しました。すぐに売れなくても、自分への特別なアイテムや大切な人へのプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。


また、1000%以上の達成率を記録したスー・フォレストのタンブルバックの進捗状況を例に、クラウドファンディングプロセスのノウハウを明らかにします。




写真付きのサイドプロジェクト、

この授業が、自分を表現し、成長するまた別の機会になればいいなと思っています。

カメラがスマートフォンで人気を博した今、自分の考え、好み、アイデアを表現する上で最も親しみやすい芸術は写真だと思っています。書きながらすぐに試すことができます。


ソルガムの森を紹介するときによく使う言葉の一つ 「私たちは最終的に見えるものを見るべきだ。」それでおしまい。みんなも スー・フォレストの写真教室で、自分の視点を発見し、自分の空間で自分の感覚を表現する練習をしましょう。それができるようになりたいです。それらのシーンをうまくつなぎ合わせて、好きな方向に進んでいただければ幸いです。



日常のシーンを記録し、構築し、価値を付加することで、あらゆる方向にさらに成長していきましょう。 この授業が、何か新しいことに挑戦するきっかけになれば嬉しいです。私たちはソルガムの森を支援し、共に前進していきます。

カリキュラム

クリエイター紹介

soosoosoop

soosoosoop

こんにちは、都市部の人々のための自然キュレーションブランド、ソルガムの森を運営しているキム・ジョンヒです。私はコンテンツプランナーとマーケティング担当者として働いていますが、サイドプロジェクトとしてBrand Sue Forestの開発も行っています。


なぜ人はそれが自然だと思うのですか?尋ねると、「気分が良くなるから」と言われます。自然を見ていると、リラックスしてリラックスできるとよく言われます。それと同時に、今は行けない、見ることのできない、遠くの旅行先の風景を思い起こさせます。しかし、私たちがいるところに旅行に行ったことがある人がいるように、どこにもいつも良いシーンがあります。


やはり、日常の空間を巡る中で、今ここで見ているものに対する態度の問題かもしれないと思いました。



その姿勢をとるには、練習、習慣、努力も必要だと思います。自分で良いシーンをたくさん探すことで気分が良くなること、そして私の写真を見た人が同じことをしてくれることを願って、日常生活の本質を捉え始めました。さらに、それを個人の記録を超えたコンテンツとして価値のあるものに拡張したいと思い、それがソルガムの森の始まりでした。


建物の森の中に本物の森が見える

一人ひとりの森へ


ソルガムの森を紹介するときによく使われる言葉の一つに、「私たちは結局見えるものを見る必要がある」というものがあります。


また、ソルガムの森の写真教室を通して、自分の空間で自分の目を見つけ、自分の感覚を表現する練習をしていただければと思います。あなたが好きな方向に成長できるように、それらを記録して蓄積し続けていただければ幸いです。このクラスを通じて、ソルガム・フォレストは再び練習し、一緒に前に進んでいきます。

soosoo.soop

soosoo.soop

by.soosoosoop

by.soosoosoop

このクラスに似ているおすすめクラス

カスタマーセンター[受付時間] 平日10:00~17:00
CLASS101JAPAN株式会社
japan@101.inc