入門
チャプター 11つ · 11時間 32分
日本語 · 英語 · 韓国語|オーディオ 韓国語

フラメンコタンゴ (タンゴ) ミュージック
このクラスでは 1点の作品を作ります。

作品1点につき制作にかかる時間の目安は2 時間から 3 時間です。

  • カジュアルフラメンコタンゴ (タンゴ)

こんなことを学びます

コロケーション (コロケーション)

下半身の重量感と上半身のリフト感が求められるトレーニングをしてみましょう。

マルケード (マルケード)

ビート、歌、ギターに従い、少しテンションの低いさまざまな動きを学びましょう。

手のひら(拍手)と骨盤の動き

マルカヘの気持ちを豊かにする骨盤の動きや拍手を加えましょう。

リメート (リメイト)

歌の頂点に合わせて、レマテとフラメンコの力に挑戦します。

作品を作る

私はダンス構造全体の他の要素を埋め込んで作品を完成させています。

仕事のパフォーマンス!

ミュージシャンと一緒に作った作品を、出演から終了まで演奏します。

エントランスカットはお断りします!


スペインのフラメンコダンスの本質と言えば、歌とコミュニケーションをとりながら感じることができる感性と重み感のある独特で魅力的な動きです。感性、重量感。。このエッセンスだけを残し、他の参入障壁を打ち破るカジュアルなフラメンコです。

フラメンコシューズを履かずに、地元のスペイン人ミュージシャンと自宅で演奏をお楽しみください。


フラメンコの魅力は、パフォーマンスを見ることだけが楽しいということですか?

スペイン。。ヨーロッパの国ですが、スペインでは他のヨーロッパ諸国にはない何かを感じることができると言われています。その代表的な例がおそらくフラメンコ(フラメンコ)でしょう。スペインに旅行したことがあり、タブラオ(タブラオ)会場のフラメンコに感銘を受けたことがあるなら、少なくとも一度は学びたいと思うでしょう。

しかし...。

何年トレーニングしてきたか分からないレベルのフットステップテクニック、パワフルでダイナミックな体の動き、ちょっと面倒な表情や気持ち。さらに、フラメンコシューズ、セーフフロア、防音スタジオなど。

これだけ多くの条件を満たさないとフラメンコはできないのでしょうか?

私の答えは「いいえ」です。


フラメンコの起源は、スペインやジプシー文化だけでなく、セーリング時代にスペインが拡大した幅広い地域のさまざまな文化の融合にも見られます。言い換えれば、誕生そのものは普遍的です。だから、いろんな楽しみ方や味わい方がありますし、そこは尊重すべきだと思います。

単に異文化のユニークな踊りとして見るのではなく、いわゆるガムが大好きな韓国人として、ためらわずにアプローチしてみてはいかがでしょうか。


ダンス用の体位を作る (コロカシオン)

フラメンコの動きの前提条件は、地面に向けられる強度と重さです。

これを実現するために、フラメンコの感覚を身につけ、正しい姿勢を保つためのトレーニングを通して、少しずつフラメンコの感覚を身につけていきます。

自分の体を十分に感じて調べるこのプロセスを経ることに対する報酬は...だんだんキレイになってきていると思います。

これに加えて得られるちょっとしたヒント。 なぜフラメンコダンサーは似たような表現をするのですか? この回答でヒントを探してください。


音楽(マルケード)を埋めるためのさまざまな動きを学ぶ

まずは、ビートに合わせてさまざまなマルカヘの動きを学んでみましょう。簡単な手順から始めて、さまざまな動きに拡張してください。


フラメンコ音楽との出会い

スペインのセビリアで地元のミュージシャンによるタンゴ(タンゴ)の曲を聴きましょう。さっき覚えたマルカヘの動きを曲に合わせようと思います。

音楽があるから、もう少し「踊る」必要がありますよね?骨盤の動きと拍手を加えて、気持ちを豊かにします。

こうやって歌っているうちに、自然と曲を知るようになる。


情熱が光るポイント (リメイト)

曲の決定的な部分と一致するレメイトアクションは見逃せませんよね?フラメンコの力にビートに合わせて挑戦しましょう。


曲の頂点まで踊る (リメイト)

慣れ親しんだタンゴソングの決め手を見つけて、レメートの動きを加えてみてください。音楽が生み出すドラマとの相乗効果に、喜びが倍増します。


作品を作る

タブラオスタイルのダンスの伝統的な構造に従って、登場から終了まで完全なタンゴ作品を作り上げましょう。作品全体を構成する各ブロックの音楽とダンスの性質を定義し、振り付けを作成します。

セビリアの地元ミュージシャンたちが、自分たちの作品のために音楽を制作してくれます。彼らとの時間は貴重な思い出になります。


カリキュラム

クリエイター紹介

Lole flameca

Lole flameca

その昔、自分に合っていると思ってフラメンコを学び、長い間楽しんだ後、フラメンコの本質に対する好奇心が高まり、手に負えなかったと思います。結局、2016年の夏、フラメンコの本場アンダルシアの首都セビリアにフラメンコの勉強に行きました。

ここセビリアでダンスをたくさん勉強する中で、ギターとカンテ(カンテ:歌)とのコミュニケーションが大事だといつも心掛けています。実は、強調しなくてもいいことがある...彼らは、音楽は「ポジティブな感情を高めるもの」として作用すると言いました。また、フラメンコダンスはこの種の音楽と密接かつ繊細に融合しています。フラメンコを見たことがある人の多くが、フラメンコを心の底から愛している理由だと思います。

また、個々のアーティストの個性や好みが同時に表現されるフラメンコの世界では、システムがあまり目立たない部分もあります...また、自分の道を見つけるための努力の一環として、フラメンコの歴史と理論についても学んでいます。これは、世界がどのように変化し発展してきたかを知っていれば、よりオープンな視点でそれを受け入れることができるからです。

最初からプロレベルまですべてを直接経験した人として、さまざまなアイデアやニーズ(ニーズ)を理解し、伝えるクリエイターになりたいです。フラメンコを学んでいる人たちと分かち合うために、すでにブログに記事を書いていますが、このクラスでもっと多くの人に会いたいと思っています。

何か新しいことを体験したい人、フラメンコに印象を残した人からの関心とフィードバックをお待ちしています。

ありがとう


  • ダンス (ベイル)

エスクエラ・フラメンカ・フアン・ポルビージョに出席 (2016-)

このアカデミーで教える主な教師(バイラオーレス:ダンサー)

:フアン・ポルビロ、ラ・チョーニ、スサナ・カサス、ラ・モネータ、ラ・ピニョーナ、

メルセデス・デ・コルドバ、マルタ・アリアス、エル・ジュンコ、ソラヤ・クラビホ


  • アコンパニャミエント(アコンパニャミエント:ギターと歌による演奏形式)

フンダシオン・クリスティーナ・ヒーレン- コムニカシオン・フラメンカのクラスに参加しました。(2018年~2020年)



  • 歴史、理論

フアン・ベルギロス(ラ・ヒストリア・デル・フラメンコ)クラス修了(2017-2018)

2021年第12回フラメンコ・アン・レッドセメスターを修了。


  • セビリアで地元で上演



このクラスに似ているおすすめクラス

カスタマーセンター[受付時間] 平日10:00~17:00
CLASS101JAPAN株式会社
japan@101.inc